スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様からの預かりもの

とっても可愛いコマちゃん。
小さいコマちゃん

koma_02
会うのが楽しみで、楽しみで、
毎日のように通った神社。

koma_01
最初に会ったのは、6月の終わり。
まだ、お母さんのお乳をもらっていた頃。

koma_04
大きなキジトラ、小さなキジトラ、そして白キジ。
兄弟で元気に転げまわる姿に夢中になりました。

koma_03
夏の間、いつも狛犬の周りにいたので、呼び名は「コマちゃん」。

koma_05
秋になって、三兄弟のうち、
小さいコマちゃんがとても懐いてくれるようになりました。

koma_06
すぐそばで、面白いことをたくさんしてくれて、
私はますます夢中になって、毎日通いました。

* * * * *

秋の終わりから流行りだした猫風邪に
神社の猫たちは次々にかかっていきました。

風邪ひきの子が治ったと思ったら、次の子が…
そして12月になって、コマちゃん三兄弟も。

最初に白キジのコマちゃん、次に小さいコマちゃん、最後に大きいコマちゃん。
そのうち、小さいコマちゃんの症状は重く、どんどん悪くなる一方。
可愛かった顔は涙と鼻水だらけ。
瞬膜が真っ赤に充血して、出たままに…
鼻がつまっているので、何も口にしてくれず、痩せていきます。


ある日の昼休み。
コマちゃんは陽のあたる草むらにじっとしたまま。
前日に会った時より辛そうでした。

「明日は、もう会えないかもしれない。」
嫌な考えが頭をよぎります。

大好きなコマちゃん。
この子が居なくなってしまったら…

コマちゃんの頭を撫でながら、聞いてみました。

「私と一緒にお医者さんに行く?
 でも、もうここには戻ってこれなくなるよ。
 それでもいい?」

コマちゃんは、か細い声で「にゃあ。」と答えました。

私の勝手な妄想に過ぎないけれど、
それを肯定の意思を解釈しました。

「すぐに戻ってくるから、待っててね。」

コンビニでダンボール箱をもらい、軍手とタオルを買いました。
動物のことに詳しい友人に電話し、アドバイスをいただきました。
事務所に戻って箱に新聞紙などを敷き、準備をしました。

戻ったらコマちゃんはずっとその場所に居て、
意外なほど抵抗されず、あっさり捕獲。
驚いて暴れることを想定して用意した軍手も要りませんでした。

兄弟やその他の仲間の猫たちに別れを告げ、
神社の神様にも心の中で挨拶。

「すみません。
 この子を預かります。」

* * * * *

急いで近くの動物病院へ行きました。
先生はとても良い方で、栄養点滴や抗生物質の注射をしてくださいました。
コマちゃんは、大騒ぎをすることもなくお利口で…

先生は、既に猫がいる家にひどい風邪の子を連れ帰るリスクを冒すより、
もとの場所に戻すことも選択肢の1つだとおっしゃいました。
「こうして処置したのだから、あなたは何もしなかったわけではないですよ。」と。

それは、もっともな話です。
うちには、抵抗力が弱い糖尿病の子もいます。
自分の子たちを不幸にしたいわけではありません。
決心して神社から連れてきたけれど、迷いが生じます。

動物病院の先生は、きっと色々なケースを見てこられたのでしょう。
その言葉はとても重いものでした。

コマちゃんを捕獲する際、
そしてその後どうするか悩んだ時に
親身に相談にのってくださったわんにゃんごろーさん
ありがとうございました。本当に、本当に感謝します。

結果、コマちゃんと一緒に家に帰りました。
職場には大変迷惑をかけました。ごめんなさい。

神社から連れ出した時、素直に箱に入ってくれたコマちゃん。
もしかしたら、神社の神様が私に預けてくれたのかもしれません。

大切な神様からの預かりもの。
幸せになろうね、コマちゃん。

* * * * *

その後、うちのかかりつけの病院で治療を続け、
コマちゃんは随分元気になりました。

まだしばらくは隔離状態なのですが、元気に遊べるようにもなりました。

koma_07

コマちゃんを保護した翌日、
神社の猫たちの世話をしている女性に会うことができ、
連れ帰ったことを伝えることもできました。

人懐こいコマちゃんは、
きっと何人もの人に可愛がられ、そして心配されていたと思います。
コマちゃんの無事を伝えることができて、良かったです。

koma_08

彼女は、病状がひどくて食べ物を受け付けられなかったコマちゃんに
ずっと猫用ミルクを与えてくださっていたとか。

小さな命をつないでくださったのですね。
それを聞いて、感謝の気持ちでいっぱいになりました。
スポンサーサイト

テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

新顔登場!?

こちらへ向かって歩いてくるネコ。
見たことがない白黒柄…

shingao

新顔?
…と、思ったら、白父でした。

おまけ。
shingao_02
息子の白にゃんにもオシャレな黒い模様です。

テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

父の背中

オッドアイの白にゃん
彼が見つめるのは、広くて大きな背中。
father_01
前を堂々と歩くのは、白にゃんの父。

特別大きくて立派な体格。
いつも尻尾の先が汚れているのが男前な白ネコです。

father_02
「妻よ、よくぞ息子を立派に育て上げてくれた。」
三毛母さんに別れを告げる白父。

father_03
「息子よ、強い男になれ!」
「父ちゃん…!」

そして、白父は旅に…
出ることはなく、いつも近くに居ます。

テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

うちでは冬至はおはぎの日

きょうは冬至ですね。

冬至といえば、
かぼちゃを食べたり、ゆず湯に入ったり。

でも、うちでは冬至はおはぎの日。
お彼岸はとっくに過ぎたけど。

昨年の冬至の日(2011年は12月22日でした)、
それは、ウサギおはぎちゃんを保護した日なのです。

ohagi_Dec_2012_01
冬至にちなんだ名前も考えてみたけれど、結局「おはぎ」。

ohagi_Dec_2012_02
クリスマスも近かったので、そういう名前も考えてみたけれど、やっぱり「おはぎ」。

おはぎちゃん、きょうも元気に暮らしています。

* * * * *

追加のおまけです。
touji_nankin
かぼちゃの煮つけが落ちていました。
冬至だからでしょうか?
でも、ネコは食べないですよ。

テーマ : 動物の写真
ジャンル : 写真

tag : ウサギ

あの子はどこへ?

先月は落ちこむ月でした。
いつも会うのを楽しみにしていたネコたち3匹の行方がわからなくなったからです。
暗い話なので、そういう気分になりたくない方は読むのをさけてください。
写真だけでも見ていただければ、とてもうれしいです。

* * * * *

先月―11月のある朝、職場へ向かう道でとある女性に声をかけられました。
「最近、黒い猫を見かけましたか?」
話を聞くと、どうやら私もよく知っているネコ。
黒っぽいサビ柄のサビーヌのことでした。

Sabine_01
(サビーヌと昨年の春生まれの息子。大人になっても仲良し母子。)

彼女が言うには、10月頃とても具合の悪そうなサビーヌを見かけたとのこと。
私が以前写真を撮っているところを見ていたので、
その後の消息を知らないかたずねたそうです。

私は、まだ暑い9月に会ったきり。
当時サビーヌのお腹には子供がいたようなので、
しばらく見ていないのは、子育てに忙しいからだろうと思っていました。

Sabine_02
(子育て中のサビーヌ。今年の夏に撮影。)

今年も春に子猫を生み、元気に子育てをしていたサビーヌ。
彼女は、私が写真を撮り始める前からずっとそこに居たのに…
ときどきしか会わなかったけれど、いつもなでさせてくれた人懐こい子。

Sabine_03
(今年の春の子供たち。サビーヌの生んだ子はみんなとてもかわいい顔です。)

Sabine_04
(春の子は3匹兄弟と思ったら、もう1匹シャムっぽい柄の子もいました。)

Sabine_05
(いつも見ても愛情あふれる優しいお母さん。)

安否はわかりません。
また、ひょっこり私の前に現れてくれることを願っています。

Sabine_06
(今月に見かけたこの茶トラは、サビーヌの子供。立派に成長していました。)

* * * * *

「最近、お母さん猫を見ないのよ。」
先月のある日、いつも外ネコたちの世話をしている女性から聞きました。

Mama_05
(鼻の横の柄が特徴の白キジネコ。)

“お母さん猫”とは、私が“ママ”と呼んでいる子と同じネコ。
人懐こくて、推定5歳ぐらい。私がいつも猫写に立ち寄る場所に住んでいます。
10月の初めに見送ったチビちゃんの母ネコです。

Mama_04
(雨の日。このときは猫柄の傘でなかったのが残念。)

確かに10月頃はよく会ったのに、最近は見かけませんでした。
ちょうどその頃、ママが苦手とするオスネコをよく見かけるようになったので、
おそらく隠れているのだろうと思っていました。
でも、ごはんをくれる人の前にも姿を見せないのは、とても不安です。

Mama_02
(彼女はよく高い場所から現れました。)

別の日、別の女性からもママの姿を見ないと聞きました。
彼女からは、最近この場所でネコたちを蹴ったりする人物がいるらしいという話も。
そして、ママも亡くなったチビちゃんも人懐こい性格だったので、酷い目に遭ったのではないかと…

Mama_03
(秋晴れの日。このしばらく後、姿を見かけなくなりました。)

目の前が暗くなります。
最後に会ったときは元気そうだった子…

証拠がないので、憶測の域をでません。
傷つけられていないことを祈るばかりです。

Mama_01
(夜の飛翔。どの猫よりも高い所によく登っていました。)

* * * * *

同じく先月のこと。
しっぽちゃんは強いオスネコに噛まれ脚に怪我をしました。
傷は癒えてきましたが、しょんぼりした様子で草むらに隠れていることがよくありました。
それでも呼んだら顔を出すし、膝に乗ってきたりするので、元気はあるようでした。

Shippo_01
(しっぽちゃんの猫パンチ。やんちゃな男の子です。)

ところがある日、しっぽちゃんはじっと草むらに隠れたまま動こうとしません。
ちょうどその頃、同じ場所で風邪をひいているネコが多かったので、そうなのかもと思いました。
そして、その翌日からしっぽちゃんの姿を見なくなりました。

Shippo_02
(昨年春頃生まれのしっぽちゃん。実は子猫の頃、兄弟と一緒に神社に捨てられました。)

居そうな場所を探しまわりましたが、行方はわかりません。
手がかりを知っていそうな人にもたずねました。
そして、しっぽちゃんが人間に頭を殴られたかもしれないという話に行き当たりました。

Shippo_03
(生後1年ぐらいのしっぽちゃん。)

鼻血を出していたしっぽちゃん。
あの日、風邪などではなくもっと深刻な原因で、
具合が悪かったというのでしょうか。

Shippo_04
(兄弟ではないけれど、同い年のチャーくんとは仲良し。)

Shippo_05
(兄弟猫のクロタンともよく遊んでいました。)

ネコの虐待の話は、初めてではありません。
身近なネコに起こったかもしれないなんて、事実だとしても受け入れがたいことです。
あんなに人懐こかった子。
たくさんの人に可愛がられていた子。
あの子の身にそんなことが起こったのでしょうか。

Shippo_06
(この3日後、姿が見えなくなりました。)

どの月に撮った写真を見ても、しっぽちゃんの姿が写っています。
頭の中が真っ白になって、何もする気が起こらない日が何日か続きました。

誰もがネコ好きでないことも、野良ネコに迷惑している人がいることも承知しています。
でも、単に傷つけることを目的とした行為は許しがたいです。

Shippo_07
(人懐こくて、かわいいしっぽちゃんことが大好きで、いつも会うのを楽しみにしていました。)

しっぽちゃんが亡くなったという確証はありません。
あの子がいつも居た場所を通る度にのぞくのですが、ずっと会えないままです。

* * * * *

ここまで長い話にお付き合いくださって、ありがとうございました。

テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

とりあえず、言い訳しとこう!

前回ご紹介した白キジネコのコマ子ちゃんについて。

私は重大なミスを…!!

以前からコマ子ちゃんを美少女と書いていたのですが…
なんと、美少年でした!!!!!
昨日、気づいてしまいました!

だって、とっても可愛いお顔だったのものですから~。(言い訳その1)

komako_01
(見よ!この愛らしさ!)

しかも、兄弟の中で特別警戒心が強くて、近づけなかったし~。(言い訳その2)

komako_02
(あくび!)

会うのも暗くなってからばっかりだったし~。(言い訳その3) 

komako_03
(今月になってやっと昼間でも近づけるようになりましたが、会うのはだいたい夜でした。)

成長してから、他の兄弟と一緒にいないことも多かったし~。
〈男の子と女の子は大きくなると行動パターンが変わるからね。〉(言い訳その4)

komako_04
(確かに、前を歩く母ネコより体格いいかな?)

兄弟の中で、一番お母さんと一緒にいたし~。
〈母と娘はだいたい仲良しだからね。〉(言い訳その5)

というわけで、訂正しておきます~。
間違えてごめんね、コマ子ちゃん…呼び方も変えなきゃね。

* * * * *

ブログ 大阪Cat Story の桐生明さんの写真展に行ってきました。
今年の春にされた個展を見て、次も楽しみにしていました。

桐生明写真展「Osaka Riverside CatsⅡ 大きな橋の下の猫家族」
2012年12月11日(火)~12月23日(日)
CATTERIA CLOUD NINE(クラウドナイン)
火~木曜 12:00~20:00 金・土曜 12:30~21:30 日曜 15:00~21:00 月曜・第3日曜は定休日
大阪市淀川区東三国1-25-10
℡ 06-6396-0680

積み上げられた古い家具や廃材、ビニールシートやダンボール、
どんなものも猫たちは上手く利用して、たくましく暮らしています。
橋の下の猫家族の生き生きとした姿が心に残るステキな写真展でした。

テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

跳び技

妹の大技が炸裂!
dropkick_01
「ドロップキーック!」

dropkick_02
兄、危うし!

コマ子ちゃんは結構おてんばさん!?
大コマちゃん、おされ気味~。

dropkick_03
「お兄ちゃん、大好き!」

おまけ。
実はこの時、小コマちゃんも隣にいました。
仲良し三兄妹なんだね。
dropkick_04

テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

締め技

弟の技が見事に決まりました!

headlock
「ヘッドロック!」

抜けれるのか、兄?

チビにぃとチビチビの兄弟。
今朝も楽しそうだね。

テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

自転車をとりに

先日、職場の自転車がなくなりました。

長期放置自転車とみなされ、市に持っていかれたのです。

がーん!

事務所のあるビルには駐輪場が無かったとはいえ、
建物の前の路上にずっととめてあったしね…


とはいえ、
無いのも不便なので、市に連絡して取りに行くと伝えました。

保管所の場所を聞くと、
職場のわりと近所そうなので、出勤時に寄ることに。

jitensha_hokanjo


そこに着いたら、
何と、よく通る場所でした。

ここって、自転車保管所だったのね。
気づかずにネコ写してましたよ。

ネコしか見てないってことかな。

テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

三毛猫、心惹かれて

昨年の秋のことです。
ある三毛猫さんに突然会いたくなって、
車に乗ってでかけました。

その年の夏、花火を見に行った時に立ち寄ったお寺。
そこで、何とも魅力的な猫さんに会いました。

きれいな三毛柄、丸い身体の曲線、そして味のある顔立ち。

おぼろげな記憶をたよりに、そのお寺を探し出し、
着いたのは黄昏時。

otera_no_mike
果たして、彼女はそこにいました。

薄暗い中、何とかぶれていない写真を一枚。
思い立って、会いに行ってよかった!

帰り道、もう日はとっぷり暮れ、
駐車場への帰り道で迷子になりましたが…

* * * * *

さて、12月ですね。
来年のカレンダーの準備はもうお済みでしょうか?

まだの方がいらっしゃったら、
窓月書房さんから出版されている

「三毛猫カレンダー」(卓上カレンダー)
「黒猫カレンダー」(卓上カレンダー)
「待ち猫カレンダー」(A4版壁掛け用)

どうぞよろしくお願いいたします!
売上げの一部が、猫のレスキュー団体や地域猫活動に寄付されます。

詳しくはこちらをクリックしてください! ↓
mikeneko13
全国の書店やネットで販売されています。

テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

通勤ネコ

Author:通勤ネコ
5匹のネコ&1匹のウサギと暮らしていながら、外猫の写真ばかり撮っています。
旅好きの猫パンチマニアです(^-^)
猫パンチのポートフォリオ
猫旅等のポートフォリオ
通勤猫写真のポートフォリオ

お知らせ

■Photoback 年賀状2016■

nenga2016_neko_mainimg_tsukinneko

Photobackさん「ねこ年賀状」のブログ記事に載せていただきました(^-^)


■写真展のお知らせ■

  20151201234022fc9

「グルッグのクリスマス2015」
glögg(グルッグ)
(大阪 心斎橋)
2015/12/5~12/23(火曜休 2/22営業)
11:30~19:30(最終日16:00まで)


■猫の里親会のお知らせ■

osakanekonet

「NPO法人 おおさかねこネット」さんでは猫の里親会を毎月開催しています。
詳細は上のバナーをクリックしてください。
次回は1月10日(日)です!


■2016年カレンダーのお知らせ■

ca1024

窓月書房さん出版の猫カレンダーです。
ca-machi2016

売上の一部はのら猫不妊去勢手術助成基金に寄付されます。
ご協力のほどよろしくお願いいたします!
○「待ち猫カレンダー2016 ―誰を待つのか、待ち猫」
かわいい外猫のカレンダー(A4版壁掛用 1,080円)
(表紙、3月、4月に載せていただきました)
「黒猫カレンダー2016 ベスト版」
黒猫オンリーのカレンダー(A4版壁掛用 1,080円)
(1月に載せていただきました)
「白猫カレンダー2016 ベスト版」
白猫オンリーのカレンダー(A4版壁掛用 1,080円)
(表紙、2月、8月に載せていただきました)
「三毛猫カレンダー2016 ベスト版」
三毛猫オンリーのカレンダー(A4版壁掛用 1,080円)
「黒猫カレンダー・プロジェクト2016」
黒猫オンリーの卓上カレンダー(CDサイズ 720円)
全国の書店およびネットで購入できます。


■その他のお知らせ■

osakanekonetkikin

ご協力お願いいたします!


■その他のお知らせ2■

minamisennba

「南船場50匹猫→保護猫カフェ Neco Republic OSAKAへ」
大阪の繁華街で猫の保護活動をされていた方が急死され、残された猫ちゃん達の里親さんを募集するため、保護猫カフェになりました。
どうぞよろしくお願いいたします!


■書籍のお知らせ■

neko_hyoushi

「猫のかわいい撮り方手帖 ~うちのコを世界一かわいく撮る~」 石原さくら、金森玲奈、中山祥代 著
(マイナビ 2013/6/25発売 1,313円)
私の写真とブログについて載せていただきました。
見ていただけたら、とてもうれしいです!


9784777812929

「迷ったとき、悩んだときの ニャンダフル! 100名言」
ネコまる編集部 編
(辰巳出版 2014/3/20出版 1,296円)
うちのコマちゃんの写真他、載せていただきました。


kotowaza100

「ニャンダフル! ことわざ100選」
ネコまる編集部 編
(辰巳出版 2014/11/20出版 1,296円)
うちのコマちゃんの写真他、載せていただきました。


nyandaful_100meisaku

「ニャンダフル! 日本の名作100選」
ネコまる編集部 編
(辰巳出版 2015/10/6出版 1,296円)
投稿猫写真を掲載していただきました。

nekomaru_4koma

「爆笑!ネコまる4コマ」
(辰巳出版 2015/1/26出版 540円)
投稿猫写真を掲載していただきました。


nekomaru_31

「ネコまる冬春号 vol.31」
(辰巳出版 2015/11/20出版 842円)
投稿猫写真を掲載していただきました。


nekomaru_shumekuri2016

「2016カレンダー ネコまる週めくり」
(辰巳出版 2015/10/8出版 1,080円)
投稿猫写真を掲載していただきました。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。