スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫の国紀行~マルタ その6

マルタ島での早朝猫写。
St.Julian's_03
まだ静かな港。
一匹の茶トラがこちらを見つめています。
目を覚ましたところのようですね。

この日は、私が滞在していたスリーマ(Sliema)の隣町のセント・ジュリアンズ(St.Julian's)へ。
リゾートホテルやレストランなどが特に地域です。


大きな地図で見る

スリーマとセント・ジュリアンズの間には、海岸沿いにきれいな遊歩道があります。
がんばれば徒歩でも行けるでしょうが、地図で見るとおり湾が入り組んでいるので結構遠いです。
バスは本数も多く、所要時間は10分程度でおすすめです。

レンタカーを利用しているのなら、駐車スペースの確保に苦労するかも。
夜などレストランが混み合う時間帯などは、いったいどこに止めたらいいのやら…
地元の人でも観光客でも、基本路上駐車ですから。
もっとも、オフシーズンなら問題ないかもしれません。

犬を散歩させている人も多いです。
St.Julian's_06
茶白ネコは大きな2匹を特に気にする様子もありません。
余裕ですね。

ところで、今のセント・ジュリアンズはリゾート地ですが、
昔は漁村だったそうです。

朝の漁を終えたおじいさんが、
ネコたちに小魚をおすそ分けしています。
St.Julian's_04
写真を撮らせてもらいながら、私が日本から来たと話すと、
おじいさんは、昔仕事で横浜や北海道に行ったことがあるとか!

何のお仕事かと聞くと、もと軍人さんだったそうです。
おじいさんの若い頃なら、マルタは独立前だからイギリス軍なのか。

さらにあたりを散策していると、
先程とは別のかわいい茶白に会いました。
St.Julian's_01
…それにしても、茶トラ猫をよく見かけます。
みんな血縁なのでしょうか。

ネコを探してうろうろしていると、
地元の方がネコが集まるという場所に案内してくれました。

マルタの人は親切で、話好きという印象です。
どこから来たの?から始まって、自分のこと家族のこと、そしてネコの話題も…
マルタを訪れたのが、ちょうど2011年だったので、
tsunami…東日本大震災のことについてもよく聞かれました。

キャット・ヴィレッジという看板のある一角には、
普段はネコたちがたくさんいるそうです。(このときは少なかったけど)
St.Julian's_05
この向かいに住むローザさんという老婦人が、
捨て猫、ノラ猫たちの世話をしているとか。
彼女の活動は、国に表彰されたのですって!

キャット・ヴィレッジには小さなポストがあって、
寄付も随時受付中です。

キャット・ヴィレッジの近くで会った白いネコ。
St.Julian's_02
車の持ち主も、絶対にネコ好き。

St.Julian's_08
海岸沿いの道の端っこでくつろいでいた白黒ネコ。
声をかけると、レンズをちょいっと触ってくれました。

St.Julian's_02
セント・ジュリアンズの湾に浮かぶカラフルな舟が、
朝日を浴びて、きれいでした。

(つづく)
スポンサーサイト

テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

tag : マルタ

猫の国紀行~マルタ その5

早朝から活動すれば、
マルタのネコたちに会えることがわかったので、、
次の日も早起きしました。

前日、ネコの追いかけて写真を撮っていると、
地元の親切な方が、ネコが多いポイントを教えてくださいました。
目的地はもちろんその場所。

夜明けの海辺です。
Valletta_03
これではありませんが、今年の年賀状には、この時に撮った写真を使いました。

明るくなってくると、ネコたちがそわそわしだしました。
Valletta_04
私の周りにいる数も増えてきたようです。

おじさんが一人階段を降りてきました。
Valletta_10
ネコたちがいっせいに走り寄っていきます。
朝ごはんの時間だったようですね。
(おじさんのアップはこちら

Valletta_27
ここはおじさんの漁師小屋。
お願いして、お部屋の中まで撮らせていただきました。

ネコちゃんたちのごはんはカリカリ。
生のお魚ではないのか~。

Valletta_16
ごはんはたっぷりあるのに、ケンカを始める2匹。

日が高くなってくると、ネコたちは日陰を求めて移動します。
Valletta_07
ボートの下は涼しいのでしょうか。

Valletta_08
写真を撮っていたら、サービスで出てきてくれた茶トラくん。

Valletta_09
かわいい白黒ちゃんもモデルになってくれました。

這いつくばってボートの下を覗く奇妙な旅行者にも
マルタの人とネコは親切でした。

(つづく)

* * * * *

本日、ギャラリーアルテスパーツィオでの
「八二一ペット写真教室展」が終了しました。

見に来てくださった方々、
本当にありがとうございました。

テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

tag : マルタ

猫の国紀行~マルタ その4

9月のマルタはとても暑い。
昼間の観光ついででは、ネコとの遭遇率がかなり低いことがわかったので、方針を変更。
日が昇る前からカメラを持って行動開始です。

目的地は首都ヴァレッタ(Valletta)。
私が滞在しているスリーマ(Sliema)は、湾をはさんで対岸に位置します。


大きな地図で見る

マルタ島は小さいので、隣の市といっても車ですぐです。
レンタカーでなくても、バスなら早朝から運行していて、所要時間20分程度。
朝早い便はありませんが、ヴァレッタ・スリーマ間には定期船や水上タクシーもあります。


さて、まだ薄暗い街を歩いていると、
ネコの姿を見つけました。
Valletta_25

古い石造りの街並みを見下ろすネコ。
Valletta_12
(この写真は以前ブログに載せたものです。)

早朝はやはり涼しく、なかなか良いペースでネコに出会います。

歩き回っているうちに、夜が明けてきました。
Valletta_11
(この写真は以前ブログに載せたものです。)

朝のあいさつをかわす公園のネコたち。
Valletta_06
よく似ているので兄弟かもしれません。

Valletta_26
そして、ネコちゃんたちにあいさつをするネコ好きおじさん。
(このおじさんのアップの写真はこちら

そして、カフェも開店準備です。
Valletta_19
ここのマスターは、公園のネコたちのめんどうをみているそうです。

だんだん日が高くなってくると、パラソルの陰に入ってお昼寝。
Valletta_20

そういえば、何も食べずに出かけたことを思い出し、カフェで注文。
Valletta_21
かわいい子がテーブルに来てくれて、幸せな朝ごはんでした。

(つづく)

テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

tag : マルタ

猫の国紀行~マルタ その3

暑い昼間にネコは出てこない…
これは、マルタも日本も同じみたいです。

ネコに出会わないのは、しっかり観光しているからなのか…
でも初めての国では、名所といわれる場所も見たいのです。
色々やりたいのは、貧乏性だからかもしれません。

Malta_01
マルタ特有の黄色っぽい石灰岩の建物が並ぶ大通り。
ネコの姿はありません。

Malta_02
海にもネコはいません。

Malta_03
畑でも見かけません。

Malta_09
朝市でも…キャットフードを売ってるのは見かけたけど、ネコは…


また、少し脱線です。
マルタでの食事のこと。

ここは、さすがに島国です。
お魚だけでなく、エビ、タコ、イカ等々、シーフードは新鮮で美味!
マルタの郷土料理そのものは、バリエーションが豊富とはいえません。

でも、さすがは、リゾート地。
レストランの種類は多く、美味しいお店もたくさんあります。

Malta_06

よく獲れる魚はシイラ―マルタではランプキ(Lamuki)といいますが―
朝市などでもよく見かけました。
Malta_07
美味しい魚ですが、
ちょっといいレストランのメニューにはなかったので、大衆魚なのかも。


さて、ネコの写真がたいして撮れないまま、どんどん日は過ぎ…
ちょっと焦る私。

そもそも9月という季節を選んだのも、
実は地中海で泳いだりダイビングができたら、とか思っていたわけで…
当初からネコを撮ることが目的のわりには、邪念(?)が多すぎなのでした。

旅の目的が(一応)写真ならば、
このあたりで行動方針を変更しなければ…
ということで、続きは次回にします。

猫ブログなのに、ネコ写真が全く無いですね。
ここまで、お付き合いしてくださった方、すみません。

以下、少しだけマルタのネコです。
Valletta_02
花の匂いをかぐ三毛ネコさん。

Valletta_18
花と子ネコちゃん。

次回は猫度アップの予定です。

(つづく)

テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

tag : マルタ

猫の国紀行~マルタ その2

一歩街を出ると、通りにはネコ・猫・ねこ…と
期待してやって来たマルタ

朝食前からホテル近くをネコ写のために散策開始。

スリーマの海岸沿いから市街地、
歩けども歩けどもマルタのネコちゃんには出会えません。

Sliema_03
とりあえず、ネコの落書きを発見!
ネコ好きが多いことは感じられました。

ちなみにこの車は日産。
マルタはイギリス領だったので、右ハンドルです。
日本の中古車も結構この地で第二の人生(?)をおくっているようです。


話は脱線しますが、マルタに限らず、ヨーロッパでは
AT(オートマティック)車とMT(マニュアル)車でレンタル料にかなり差があります。
1.5倍程度ATは高いです。
環境税の負担とかで差があるのでしょう。
MT車は燃費が良く、環境にかかる負荷が少ないと考えられているようですね。

Sliema_02
次はネコ探しのチラシを見ました。
シャム風のネコのトニーくん、見つかったのかな。

それにしても、路上駐車の車が多いこと!
ホテルでも、「駐車場は?」と聞いたら、
「道路に停めておいて。」と言われましたよ。


さて、1時間ほど歩きまわって、
自分の妄想がたくましすぎたことに気付き始めました。

9月のマルタはとっても暑い!!
乾燥していますが、太陽がギラギラで暑いのです!

当然ネコたちは、涼しい場所でお休み中。
暑い時に出てこないのは、マルタも日本も同じなのでした。

Sliema_01
そして、やっと…
マルタネコとのファーストコンタクト!

とても人懐こい女の子。
たくさん撫でさせてくれました。

Sliema_04
とりあえず、最初の日のネコ写真を撮影することができました。
(この写真は、以前ブログに載せたことがあります。)

たくさんいるはずのマルタのネコたち。
暑い日はどこにいるのでしょう。
ネコ探しは始まったばかりなのでした。

今回は猫度が少なくて、すみません。

(つづく)

テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

tag : マルタ

猫の国紀行~マルタ その1

先月末に脚を傷めたためネコ写に行くこともままならないので、
以前に撮ったものをアップしてみようと思います。

昨年9月、マルタ共和国(Republic of Malta)に行った時の写真にお付き合い下さい。

Valletta_23

猫好きの方は、マルタという名前をご存知の方も多いと思います。
人口の倍ほどの数のネコちゃんたちが住んでいるということですから。

他にもかわいらしい小型犬のマルチーズの原産国だとか、
歴史が好きな方は、マルタ騎士団(聖ヨハネ騎士団)の名前を思い浮かべるかもしれません。

マルタ共和国は、イタリア半島に近い地中海の小さな島国。
つま先部分の大きなシチリア島のすぐ南に位置します。


大きな地図で見る

主要な3島―マルタ島(Malta)、ゴゾ島(Gozo)、コミノ島(Comino)で成り立っています。
公用語はマルタ語と英語。
1964年にイギリスから独立、2004年にEUに加盟しました。


大きな地図で見る

マルタは淡路島よりも小さい島なので、
都市間の移動に時間がかからないだろうと思い
1ヵ所に滞在して、移動はレンタカーを中心にすることにしました。

首都のヴァレッタ(Valletta)に近いスリーマ(Sliema)という町のホテルを拠点に、観光と猫撮り三昧をしようという計画。
最近はホテルもレンタカーもネットで予約できるので便利ですね。

Valletta_01

マルタは、ヨーロッパの人たちのちょっとリーズナブルなお値段のリゾート地、といった感じです。
バカンスのシーズンには、イギリス、イタリアをはじめ、たくさんの人が…
治安が良くて、物価も安め、しかもユーロ圏になったので、訪れる人が増えたのでしょう。
リゾート開発も盛んです。
そして、レンタカーが多い!
日本からの旅行者も増えているようで、度々見かけました。

Valletta_24

さて、人懐こくてかわいいネコちゃんたちに
めいっぱいふれあえることを期待…というか妄想しながら訪れたマルタ。
実際はどうだったのかは、次回で。

(つづく)

テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

tag : マルタ

ねこじゃらしキラキラ

コマちゃんが住む神社には、
エノコロ草(=ネコジャラシ)がたくさん生えています。
nekojarashi_kirakira
太陽の光を浴びたエノコロ草が、
風に吹かれてゆらゆら、キラキラ。

1本ちぎって振ってみたら、
コマちゃん、こっちを向いてくれるかな。


しばらく松葉杖生活(?)なので、
以前に撮った写真をアップしていこうと思います。

* * * * *

最近何度か、FUJIFILMが主催されている
「"PHOTO IS" 10,000万人の写真展 2012」の事務局から
封書が送られてきました。
中身は、各地の会場でいただいたメッセージ。

わざわざ書いてくださった皆様、
本当にありがとうございます!
とてもうれしいです!!

テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

真剣白刃取り!

さらに連続ヒナちゃんネタなのです。

ちょっとだけ前のヒナちゃん。
shirahadori_02
ひもをつかまえようとして、お口でキャッチ。
手を使う方が、難易度は高め?


最近のヒナちゃん。
shirahadori_01
真剣白刃取り!!
ネコじゃらしを両手で見事にキャッチです。
日頃の練習の成果ですね~。

* * * * *

先週のこと。

いきなり関節痛にみまわれました。
歩行はもちろん、座ったり、寝返りなどの動作をする度に激痛…
病院に行ったら、松葉杖を貸してくれました。
明日から杖をついて出勤です。

通勤時の猫写、しばらくできそうにありません。
がーん。

テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

通勤ネコ

Author:通勤ネコ
5匹のネコ&1匹のウサギと暮らしていながら、外猫の写真ばかり撮っています。
旅好きの猫パンチマニアです(^-^)
猫パンチのポートフォリオ
猫旅等のポートフォリオ
通勤猫写真のポートフォリオ

お知らせ

■Photoback 年賀状2016■

nenga2016_neko_mainimg_tsukinneko

Photobackさん「ねこ年賀状」のブログ記事に載せていただきました(^-^)


■写真展のお知らせ■

  20151201234022fc9

「グルッグのクリスマス2015」
glögg(グルッグ)
(大阪 心斎橋)
2015/12/5~12/23(火曜休 2/22営業)
11:30~19:30(最終日16:00まで)


■猫の里親会のお知らせ■

osakanekonet

「NPO法人 おおさかねこネット」さんでは猫の里親会を毎月開催しています。
詳細は上のバナーをクリックしてください。
次回は1月10日(日)です!


■2016年カレンダーのお知らせ■

ca1024

窓月書房さん出版の猫カレンダーです。
ca-machi2016

売上の一部はのら猫不妊去勢手術助成基金に寄付されます。
ご協力のほどよろしくお願いいたします!
○「待ち猫カレンダー2016 ―誰を待つのか、待ち猫」
かわいい外猫のカレンダー(A4版壁掛用 1,080円)
(表紙、3月、4月に載せていただきました)
「黒猫カレンダー2016 ベスト版」
黒猫オンリーのカレンダー(A4版壁掛用 1,080円)
(1月に載せていただきました)
「白猫カレンダー2016 ベスト版」
白猫オンリーのカレンダー(A4版壁掛用 1,080円)
(表紙、2月、8月に載せていただきました)
「三毛猫カレンダー2016 ベスト版」
三毛猫オンリーのカレンダー(A4版壁掛用 1,080円)
「黒猫カレンダー・プロジェクト2016」
黒猫オンリーの卓上カレンダー(CDサイズ 720円)
全国の書店およびネットで購入できます。


■その他のお知らせ■

osakanekonetkikin

ご協力お願いいたします!


■その他のお知らせ2■

minamisennba

「南船場50匹猫→保護猫カフェ Neco Republic OSAKAへ」
大阪の繁華街で猫の保護活動をされていた方が急死され、残された猫ちゃん達の里親さんを募集するため、保護猫カフェになりました。
どうぞよろしくお願いいたします!


■書籍のお知らせ■

neko_hyoushi

「猫のかわいい撮り方手帖 ~うちのコを世界一かわいく撮る~」 石原さくら、金森玲奈、中山祥代 著
(マイナビ 2013/6/25発売 1,313円)
私の写真とブログについて載せていただきました。
見ていただけたら、とてもうれしいです!


9784777812929

「迷ったとき、悩んだときの ニャンダフル! 100名言」
ネコまる編集部 編
(辰巳出版 2014/3/20出版 1,296円)
うちのコマちゃんの写真他、載せていただきました。


kotowaza100

「ニャンダフル! ことわざ100選」
ネコまる編集部 編
(辰巳出版 2014/11/20出版 1,296円)
うちのコマちゃんの写真他、載せていただきました。


nyandaful_100meisaku

「ニャンダフル! 日本の名作100選」
ネコまる編集部 編
(辰巳出版 2015/10/6出版 1,296円)
投稿猫写真を掲載していただきました。

nekomaru_4koma

「爆笑!ネコまる4コマ」
(辰巳出版 2015/1/26出版 540円)
投稿猫写真を掲載していただきました。


nekomaru_31

「ネコまる冬春号 vol.31」
(辰巳出版 2015/11/20出版 842円)
投稿猫写真を掲載していただきました。


nekomaru_shumekuri2016

「2016カレンダー ネコまる週めくり」
(辰巳出版 2015/10/8出版 1,080円)
投稿猫写真を掲載していただきました。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。