スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねことオルガン

先月、家族が北海道を旅行したとき、
根室から大量の秋刀魚(サンマ)を送ってきました。
ニュースにもなっていましたが、今年は大豊漁だったそうです。

お隣におすそわけしてもまだ余るので、
自分の秋刀魚料理の持ちネタを総動員して調理にあたりました。
とっても美味でした!

一方、うちのネコたち3匹は、秋刀魚にもあまり興味が無いご様子。
カリカリや缶詰の方が好きみたいです。


さて、秋刀魚を見ると思い出すのが、
『ねことオルガン』という絵本。

小学1年生の頃、大好きだった本です。
学校の図書室にあった古い本で、、何度も何度も借りて読みました。

昔の作品ですが、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。
お母さんとはぐれた「子ねこ」と、のらねこの「のらおじさん」の物語です。

ねことオルガン
(↑ 「子ねこ」を連れて歩く「のらおじさん」。2匹とも黒いネコなので、こんなイメージでしょうか。
写真の2匹も実は大人の方はオスネコです。)

作中、「子ねこ」が細い三日月を秋刀魚だと思い、
「のらおじさん」のために取ろうとして、高い所に登る場面があるのです。


この懐かしい絵本をすごく読んでみたくなり、調べたらなんと絶版!
いい本だったのに、悲しいです。
図書館で探したら、あったので借りました。

以下、簡単なあらすじ。(もちろんネタバレです。)
作者は今西祐行さんという方です。


ある日、「のらおじさん」はお母さんとはぐれた「子ねこ」と出会います。
お腹をすかせた「子ねこ」のために魚をとってきてやろうとしても、
のらとしては生活力のないおじさんは、失敗ばかりです。

お母さーん!
(↑ ないている子ネコ。)

「のらおじさん」は、もとは飼い猫で、
子ねこ時代はやさしい飼い主のいる幸せな家庭で母ねこと暮らしていました。
しかし、もらわれた先では、ねずみ取りができなかったため捨てられました。

のらおばさん
(↑ 「のらおじさん」と「子ねこ」を助ける「のらおばさん」。
   こんなイメージの太った三毛ネコ。情の深いネコ。)

「子ねこ」のお母さんは見つかりません。
「この子だけはのらにさせたくない。」
そんな思いで、「のらおじさん」は自分がかつて暮らしたような家を
「子ねこ」のために探そうとします。

魚屋さんで
(↑ 魚屋さんで事件が起こったりします。)

とうとう最後に―
庭に花が咲き、少女弾くオルガンが聞こえる1軒の家を見つけます。
「のらおじさん」は、「子ねこ」がその家にむかえいれられるのを見届け、
だまって姿を消します。

「子ねこ」は幸せになりますが、
子供の頃の私は、「のらおじさん」のその後が
気になって仕方ありませんでした。

ハッピーエンドなのですが、
何度読んでも切なく、涙が出ました。

花の咲く庭へ
(↑ 花の咲く庭で。)

さて、長い長い時を経て(?)再会したその絵本は、
幼い子供に向けてかかれた、とても良い物語でした。

簡潔な文章は、登場人物の感情を交えすぎず、
しかし、行間からは彼らの細やかな気持ちを読み取れます。

また登場するのは、とてもやさしい人(猫ですが…)たちです。
「子ねこ」の子供らしい素直なやさしさ、
「のらおじさん」の「子ねこ」に対する見返りを求めないやさしさ、
彼らを助ける「のらおばさん」も情の深い良い人です。

絶版なのがとても惜しいです。

そして、再び物語を読んだ後、
私はやさしい「のらおじさん」の幸せを
願ってやみませんでした。


黒ネコきらきら
(↑ 黒ネコ2匹。寝ている方は、ちょっとおじさんネコです。)
スポンサーサイト

テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

帰路につく

「秋の日はつるべ落とし」
子供の頃、亡くなった祖母が教えてくれました。

本当にそのとおりで、
この季節はあっという間に日が沈みますね。
仕事が終わる頃には、もう真っ暗。
職場を出るとき、すっかり日が暮れていると
とても遅くなったような気がして
ついつい急ぎ足になります。

帰路につく
帰り道に見かけたサビネコさん。
彼女も急いで家に帰るところでしょうか。
街中の神社の一角に寝る場所があるのでしょう。

シッポふりふり
他のコもしっぽをふりふり
玉垣の向こうへ消えていきます。

夜のミケ
まだ幼い顔がかわいい三毛ちゃん。
ヘッドライトや街灯のあかりで
明るく照らされた場所にいました。
しばらくこちらを見つめた後、
去っていきました。

帰路につく2
そんなネコたちを見ながら、
私も帰路につきます。

テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

花と唄えば

しばらく落ち込んでいたので、
今月はなかなかブログを更新しませんでした。

更新はしなくても、とりあえず毎日カメラを持って通勤しているため
ほっておくと、どんどん写真がたまっていきます。


さて、今は菊の季節。
とある神社で、菊の鉢植えがたくさん置いてありました。

キレイだな~、と思って見ていると、
黒いネコちゃんが登場。

花と唄えば
実は、あくびをしただけですが、
目をぱっちりあけて、正面を向いているので、
まるで歌をうたっているように見えます。

黒い身体に黄色い花がよく似合っています。

小菊と一緒に
今度は白と紫の小菊がある所へ移動。
こっちの色も似合うね、と声をかけながらパチリ。

まだ子ネコでとてもかわいかったです。

テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

餅ネコさん

先日、奈良県にあるお寺に行きました。
今年は紅葉が遅く、まだちょっと早い感じでした。

門前町には草餅を売る店が複数あり、
そのうちの1軒で、かわいい看板ネコさんを発見。

看板娘キューちゃん
キューちゃん、女の子だそうです。
迷わずこのお店でお土産を買いました。
草餅、とてもおいしかったです。

奥にももう1匹。
このお店のコではないそうですが、いつも来ているとか。

餅猫?タマちゃん
タマちゃん、同じく女の子だそうです。
白くてちょっと餅っぽい?


その日は一日中雨でしたが、山が霧でけぶっていて、
なかなか風情があり、美しかったです。

雨の紅葉
でも花より団子、もとい、
紅葉より餅&ネコでした。

テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

サビーヌの子供たち ~秋冬兄弟

この前、サビーヌの子供たちを見かけました。
初めて見る子ネコたちです。

サビーヌの子供たち秋1
夏にお腹が大きかったサビーヌ。
秋に生まれた兄弟たちでしょう。
お母さんと一緒にお昼寝中です。
起こしてごめんね。

サビーヌの子供たち秋2
キジ白と茶白。
とてもかわいいです。

サビーヌの子供たち秋3
シンクロした動き。

お兄ちゃんたち
春生まれのお兄ちゃんネコたちも登場です。
この夏よく見かけたコたち。
もう7~8ヵ月ですが、まだお母さんと一緒です。

兄弟集合
兄弟集合の図です。
春のお兄ちゃんたちは、もうすっかり大人に見えます。
弟たち(妹?)も元気に育ってね。



続きを読む

テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

サビーヌのこと

前回、昨年のサビーヌの子供かもしれないネコの話を書きました。
引き続いて、再び現在育てている子供たちの話を書こうと思い、
ふと気付きました。

子供たちのことばっかりで、サビーヌ本人(?)の話はあまり書いたことがないかも…!
というわけで、今回の主役はサビーヌです。
次回は、再び子供たちの話の予定ですが。

毛づくろいサビーヌ1
(最近のサビーヌ。現在秋に生まれた子を育てるお母さん。)

私のお気に入りのサビーヌは、職場の近所で暮らすノラ。
時々見かける黒っぽいサビネコです。

毛づくろいサビーヌ2
(今年の夏のサビーヌ。この時は春に生まれた子を育てていました。
 すでに次の子を妊娠中。大きなお腹です。)

ノラのわりには、とても人なつこく、
呼ぶと「ニャ~~~」(←ダミ声)と鳴きながら寄ってきて、
とてもかわいいのです。

サビーヌとその息子
(この前、仕事帰りに見かけた姿。隣にいるのは春生まれの息子。
 推定多分7~8ヵ月。)

ごはんをもらえる家があるのでしょう。
いつも毛並みはツヤツヤで、とても良い手触りです。
なでるのが楽しみ!

夜のサビーヌ一家
(これも仕事帰りに見かけたサビーヌ一家。たくましく生きてます。)

サビーヌの元気そうな姿を見ると、
いつもほっとしています。


テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

もしかして、キミは…?

気になるネコがいます。
たまに見かける尻尾や背中の毛色は、見たことがある気がします。

通勤時も、わざわざそのネコを見かけた通りを歩いてみたりするのですが、
すぐに逃げてしまうコで、確かめることができないでいました。

つい先日のこと、建物の隙間に入っていく影を見つけ、追いかけて…
気になるネコ2
「おーい、ネコちゃーん。」
呼びかけてみると、警戒しながらもUターン。

気になるネコ
望遠レンズを持っていて、ラッキーでした!
まだ若い小柄な女の子です。
アップで見ると意外とふっくらさん。冬毛だからかも。


この写真は、1年前の夏のもの。
気になっていたのは、この子ネコではないかと思っていたからです。
子ネコA
この時は、鼻の頭に(多分)ケガがありますが、
少々左右非対称なハチワレが同じに見えます。

他に似た毛色の兄弟(姉妹?)ネコもいました。
子ネコBC
ちょっと柄が違います。

この子ネコたちはサビーヌの子供
気になるネコちゃんも、サビーヌのなわばりのすぐ近くで見かけます。

同じネコという確証はないです。
だったらいいな、と思うのですが。

テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

通勤ネコ

Author:通勤ネコ
5匹のネコ&1匹のウサギと暮らしていながら、外猫の写真ばかり撮っています。
旅好きの猫パンチマニアです(^-^)
猫パンチのポートフォリオ
猫旅等のポートフォリオ
通勤猫写真のポートフォリオ

お知らせ

■Photoback 年賀状2016■

nenga2016_neko_mainimg_tsukinneko

Photobackさん「ねこ年賀状」のブログ記事に載せていただきました(^-^)


■写真展のお知らせ■

  20151201234022fc9

「グルッグのクリスマス2015」
glögg(グルッグ)
(大阪 心斎橋)
2015/12/5~12/23(火曜休 2/22営業)
11:30~19:30(最終日16:00まで)


■猫の里親会のお知らせ■

osakanekonet

「NPO法人 おおさかねこネット」さんでは猫の里親会を毎月開催しています。
詳細は上のバナーをクリックしてください。
次回は1月10日(日)です!


■2016年カレンダーのお知らせ■

ca1024

窓月書房さん出版の猫カレンダーです。
ca-machi2016

売上の一部はのら猫不妊去勢手術助成基金に寄付されます。
ご協力のほどよろしくお願いいたします!
○「待ち猫カレンダー2016 ―誰を待つのか、待ち猫」
かわいい外猫のカレンダー(A4版壁掛用 1,080円)
(表紙、3月、4月に載せていただきました)
「黒猫カレンダー2016 ベスト版」
黒猫オンリーのカレンダー(A4版壁掛用 1,080円)
(1月に載せていただきました)
「白猫カレンダー2016 ベスト版」
白猫オンリーのカレンダー(A4版壁掛用 1,080円)
(表紙、2月、8月に載せていただきました)
「三毛猫カレンダー2016 ベスト版」
三毛猫オンリーのカレンダー(A4版壁掛用 1,080円)
「黒猫カレンダー・プロジェクト2016」
黒猫オンリーの卓上カレンダー(CDサイズ 720円)
全国の書店およびネットで購入できます。


■その他のお知らせ■

osakanekonetkikin

ご協力お願いいたします!


■その他のお知らせ2■

minamisennba

「南船場50匹猫→保護猫カフェ Neco Republic OSAKAへ」
大阪の繁華街で猫の保護活動をされていた方が急死され、残された猫ちゃん達の里親さんを募集するため、保護猫カフェになりました。
どうぞよろしくお願いいたします!


■書籍のお知らせ■

neko_hyoushi

「猫のかわいい撮り方手帖 ~うちのコを世界一かわいく撮る~」 石原さくら、金森玲奈、中山祥代 著
(マイナビ 2013/6/25発売 1,313円)
私の写真とブログについて載せていただきました。
見ていただけたら、とてもうれしいです!


9784777812929

「迷ったとき、悩んだときの ニャンダフル! 100名言」
ネコまる編集部 編
(辰巳出版 2014/3/20出版 1,296円)
うちのコマちゃんの写真他、載せていただきました。


kotowaza100

「ニャンダフル! ことわざ100選」
ネコまる編集部 編
(辰巳出版 2014/11/20出版 1,296円)
うちのコマちゃんの写真他、載せていただきました。


nyandaful_100meisaku

「ニャンダフル! 日本の名作100選」
ネコまる編集部 編
(辰巳出版 2015/10/6出版 1,296円)
投稿猫写真を掲載していただきました。

nekomaru_4koma

「爆笑!ネコまる4コマ」
(辰巳出版 2015/1/26出版 540円)
投稿猫写真を掲載していただきました。


nekomaru_31

「ネコまる冬春号 vol.31」
(辰巳出版 2015/11/20出版 842円)
投稿猫写真を掲載していただきました。


nekomaru_shumekuri2016

「2016カレンダー ネコまる週めくり」
(辰巳出版 2015/10/8出版 1,080円)
投稿猫写真を掲載していただきました。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。