スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫の国紀行~マルタ その8

脚も調子も随分良くなって、通勤猫写も再開しました。
でも、昨年の旅行写真の整理にも随分と時間がかかっています。

今回でマルタの猫の写真も一段落します。
最後に一気にまとめたら、すごく長くなってしまいました。


マルサシュロック(Marsaxlokk)という島の東側にある漁師町。
Marsaxlokk_01
路地でネコの母子も発見。
子ネコはまだすごく小さいです。

奥に座っているおばあさんに挨拶すると、
ニコニコ笑って、
「猫ちゃん、かわいいでしょ。」と。

彼女はマルタ語しか話さなかったけれど、
そう言ったのだと思います。多分。

Marsaxlokk_03
母子のそばにいた若いネコ。
同じような毛色だったので、身内でしょう。

同じくマルサシュロックの街角で出会った黒白ネコ。
Marsaxlokk_01
とても貫禄のある風貌でした。


大きな地図で見る

滞在中、隣のゴゾ島(Gozo)にもフェリーで行きました。
30分ぐらいの船旅だったでしょうか。
マルタ島から行く時は切符は買わず、ゴゾ島から帰るときに料金を払うシステムでした。

ゴゾ島の中心都市のヴィクトリア(Victoria)の街を歩く三毛さん。
Victoria_02
日陰を求めて急いで去って行きました。

涼しい朝夕には、きっとたくさんのネコがいるのでしょうが、
暑い昼間は遭遇率が低かったです。
ネコを撮りたいなら、日帰りでなく一泊すれば良かったかもしれません。

オリーブの木陰で休む白いネコ。
Victoria_01
のぞきこんだら、ちょっと驚かせてしまいました。

ところで、マルタの蜂蜜が、とても美味しいことを以前書きました。
蜂蜜はゴゾ島の特産品。
とても良い香りです。

この島のもうひとつが山羊のチーズです。
伝統的な製法なのでしょうか。ハードタイプで美味です!
山羊のチーズが苦手でないなら、おすすめです。


マルタ島の名所ひとつブルーグロット(Blue Grotto)で出会った子ネコの兄弟。
Blue_Grotto_01
お食事はパスタ。
イタリアに近いマルタは人もネコもパスタをよく食べるようです。

ごはんをあげていた小さな女の子が、
この子たちのママは最近死んでしまったの、と教えてくれました。
子ネコたち、今はもう立派な大人ネコに成長しているかな。

女の子は小学校に入学したてぐらいの年齢。
英語を習い始めたばかりのようで、一生懸命お話してくれました。

地元の人同士ではマルタ語で話しているようですが、みんな英語が上手です。
公用語なので、小さいうちからしっかり学ぶのでしょう。
マルタ語そのものは、アラビア語がルーツの言語で、
看板などを見ても読み方とか全然わかりません。


ブルーグロットは、風で浸食された断崖絶壁と青い海が美しい場所です。
きれいな海なら、入って見たいと思うのは世界共通のようで、
岩場の海岸でも泳いでいる人がたくさん。

入ってみたら、何だか海の塩分濃度が薄いような気がしました。
ちなみにマルタには砂浜はほとんどありません。


マルタでの移動は、主にレンタカーでした。
確かに便利なのですが、マルタの道路事情はそんなに良くありません。
幹線道路を外れるとガタガタ道も多いです。
カーナビで支持されるルートに行くと、「え!?ここを通るの?」と思うようなこともしばしば。
(それでも、日本からカーナビを用意して行けるなんて、今は便利です!)

マルタには高い山はありませんが、マルタ島・ゴゾ島とも起伏が結構あります。
レンタカーはお手頃価格のMT車だったので、坂道発進が大変!
何度かクラッチが焼けるにおいを味わいました。

Malta_08
よく働いてくれたレンタカーの
サイドミラーから見たマルタの空と海です。

驚くのがマルタの人の荒い運転―いえ、すごいドライビングテクニックです。
道路への急な進入、カーブでの追い越し、隙間のない路駐。
間違いなく交通事故が多いと思います。


車で移動中、観光地ではない小さな町で、
楽しそうな光景を目にしました。
Zebbug_01
かわいいお供と一緒にお食事タイムの奥さん。
野菜たっぷりのヘルシーそうなサラダ。
ネコちゃんたちはツナなどをおすそ分けしてもらっていました。


滞在中よく通った首都ヴァレッタ(Valletta)の公園。
夕方にはたくさんの人が集まってきます。

ネコが触りたくてたまらない、小さな女の子。
しっかり者のお姉ちゃんに連れられてお散歩です。
Valletta_29
積極的すぎて、この後茶トラネコさんには逃げられてしまいました。
とてもかわいらしかったです。

公園のネコたちにごはんをあげている地元の女性たち。
Valletta_28
ネコの避妊手術には賛成できないけれど、増えすぎてしまうから仕方がないのよ、と
話してくださいました。
色々な意見があるのは、どこも同じなのですね。
(マルタのネコたちはちゃんと手術されている子も多いです。)

マルタは敬虔なカトリック教徒が多い国。
もしかしたら、彼女の思いの背景にはそういうものがあるのかもしれません。
そこまでは聞きませんでしたが。

公園のカフェも店じまい。
Valletta_05
夕日に染まりながら、ネコたちもくつろいでいます。
お腹もいっぱいになったのでしょう。


マルタを離れる日の朝、
最初に会ったネコさんに会いに行きました。
Sliema_05
ちょうど朝ごはん中でしたが、
相変わらずいっぱい撫でさせてくれました。
また、会いたいね。


マルタは、とても美しくて素敵な国でした。
また訪れる機会があればいいな、と思います。

カメラを向けると気前よくモデルになってくれたネコたち。
親切に話しかけてくださった地元の人たち。

楽しい思い出を持って帰ることができました。

ネコに感謝。
人に感謝。

(おわり)
スポンサーサイト

テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

tag : マルタ

猫の国紀行~マルタ その7

先日のチビちゃんのことでは、
あたたかいコメントをたくさんいただき、
そして、チビちゃんの写真を見てくださって、
本当にありがとうございました。


マルタのネコ写真、まだ続いております。
よろしければお付き合いください。

マルタ島の中心に位置するラバト(Rabat)という町で。
ここはカタコンベ(地下墓地)が有名なのだけど、着いたらまず猫探し。

Rabat_03
路地を歩いていると、現れた三毛猫さん。美人です。

Rabat_02
さらにもう一匹。こちらは長毛さん。
ネコ用の水の容器が置いてあるようです。

Rabat_01
最初の写真と同じ子です。
とても人懐こい子で、心ゆくまで撫でさせてくれました。

この三毛ちゃんと遊んでいると、
ネコたちのお世話をしているというおじさんが、彼女の身の上を話してくれました。

三毛ちゃんはもと飼いネコ。
一人暮らしのおばあさんに飼われていたそうです。

その方が亡くなり、ノラになったのだとか。
写真の後ろに見える塀の向こうで、他のノラちゃん達と暮らしているそうです。

ノラちゃんたちは、触らせてはくれるけど、抱っこまではさせてくれないんだ、と
少し寂しそうにおじさんは語ってくれました。

家のある猫もない猫もかわいがられているマルタ
猫の楽園なんて言われたりするけれど、
最も理想的な形は、どの子にも帰れる家があることなのかもしれません。


大きな地図で見る

ラバトと隣接しているイムディーナ(Mdina)。
中世のたたずまいを残す城塞都市です。
高い城壁と堀に囲まれ、道は狭く入り組んでいます。

Mdina_01
立て看板の下でお昼寝するネコさんを発見。
こんな場所で落ち着いて眠れるのでしょうか?

城塞都市の周囲の深い堀の中に、黄色い小屋?
Mdina_04
ノラ猫ハウスです。
町の人にネコが集まる場所を聞いたら、教えてくれました。
う~ん、ちょっと遠いかも。

夕方の町で出会った茶白ちゃん。
Mdina_02
何か物想いにふけっている様子です。

イムディーナを訪れたとき、行ってみたいレストランがありました。
情報源はもちろん旅行ガイド。

ところが、行ってみると残念ながらお休み。
がっかりしていると、後からやってきた観光らしき人たちも同じだった様子…
見るとお互い同じガイドブックを持っていました。

余談ですが、マルタ旅行でよく使ったのが、『ロンリープラネット(Lonely Planet)』。
世界各地をカバーしている有名なガイドブックです。

マルタだけで1冊のガイドは、現在日本語のものは出版されていないと思います。
旅行中は日本人観光客もちらほら見かけたので、あっても良さそうなものですが。
『地球の歩き方』は南イタリアと一緒で1冊で、ページ数も少なくて…
(もっともマルタは小さいので、それで十分かもしれません。)

『ロンプラ』は中身は1色刷だし、写真も最初にちょっとしか載ってなくて、見た目はつまらないのですが、
『歩き方』よりも現地の情報が格段に詳しく、地図も正確なので、重宝します。
さすがに猫情報は載っていませんが。
日本でも買えますし、マルタ現地の書店でも手に入れられます。

そのレストランには後日行きましたが、
とてもおいしいお料理で、とても混み合っていました。

城壁の近くで眠るキジトラ猫さん。
Mdina_03
どの国でも、ネコは車の下が好きみたいですね。

後ろの壁は、マルタ特有の黄色っぽい石造り。
もっと詩的に表現すれば蜂蜜色ですか。

「マルタ」という名前の由来は定かではないですが、
ギリシャ語の蜂蜜(μέλι メリ)からきているという説があるそうです。
この国の蜂蜜は、香りが良くてとても美味しいのですよ。

(つづく)

* * * * *

先日、フォtピアギャラリーで開催されていた
「Harvest vol.18」が終了しました。
見に来てくださった方々、本当にありがとうございました。

* * * * *

今年も残り3ヵ月。
2013年のカレンダーも出始めていますね。

三毛猫がお好きな方、「三毛猫カレンダー」はいかがでしょうか?
その名のとおり、12ヵ月三毛猫オンリーの卓上カレンダーです!
私が撮った三毛猫も採用していただきました。

出版は窓月書房さん。
売上げの一部が、猫のレスキュー団体や地域猫活動に寄付されます。
ご協力のほど、よろしくお願いいたします!

他にも卓上カレンダーの「黒猫カレンダー」、
A4判の「待ち猫カレンダー」もあります。

詳しくはこちらをクリックしてください! ↓
mikeneko13
全国の書店やネットで販売されます。

どうぞよろしくお願いいたします!

テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

tag : マルタ

猫の国紀行~マルタ その6

マルタ島での早朝猫写。
St.Julian's_03
まだ静かな港。
一匹の茶トラがこちらを見つめています。
目を覚ましたところのようですね。

この日は、私が滞在していたスリーマ(Sliema)の隣町のセント・ジュリアンズ(St.Julian's)へ。
リゾートホテルやレストランなどが特に地域です。


大きな地図で見る

スリーマとセント・ジュリアンズの間には、海岸沿いにきれいな遊歩道があります。
がんばれば徒歩でも行けるでしょうが、地図で見るとおり湾が入り組んでいるので結構遠いです。
バスは本数も多く、所要時間は10分程度でおすすめです。

レンタカーを利用しているのなら、駐車スペースの確保に苦労するかも。
夜などレストランが混み合う時間帯などは、いったいどこに止めたらいいのやら…
地元の人でも観光客でも、基本路上駐車ですから。
もっとも、オフシーズンなら問題ないかもしれません。

犬を散歩させている人も多いです。
St.Julian's_06
茶白ネコは大きな2匹を特に気にする様子もありません。
余裕ですね。

ところで、今のセント・ジュリアンズはリゾート地ですが、
昔は漁村だったそうです。

朝の漁を終えたおじいさんが、
ネコたちに小魚をおすそ分けしています。
St.Julian's_04
写真を撮らせてもらいながら、私が日本から来たと話すと、
おじいさんは、昔仕事で横浜や北海道に行ったことがあるとか!

何のお仕事かと聞くと、もと軍人さんだったそうです。
おじいさんの若い頃なら、マルタは独立前だからイギリス軍なのか。

さらにあたりを散策していると、
先程とは別のかわいい茶白に会いました。
St.Julian's_01
…それにしても、茶トラ猫をよく見かけます。
みんな血縁なのでしょうか。

ネコを探してうろうろしていると、
地元の方がネコが集まるという場所に案内してくれました。

マルタの人は親切で、話好きという印象です。
どこから来たの?から始まって、自分のこと家族のこと、そしてネコの話題も…
マルタを訪れたのが、ちょうど2011年だったので、
tsunami…東日本大震災のことについてもよく聞かれました。

キャット・ヴィレッジという看板のある一角には、
普段はネコたちがたくさんいるそうです。(このときは少なかったけど)
St.Julian's_05
この向かいに住むローザさんという老婦人が、
捨て猫、ノラ猫たちの世話をしているとか。
彼女の活動は、国に表彰されたのですって!

キャット・ヴィレッジには小さなポストがあって、
寄付も随時受付中です。

キャット・ヴィレッジの近くで会った白いネコ。
St.Julian's_02
車の持ち主も、絶対にネコ好き。

St.Julian's_08
海岸沿いの道の端っこでくつろいでいた白黒ネコ。
声をかけると、レンズをちょいっと触ってくれました。

St.Julian's_02
セント・ジュリアンズの湾に浮かぶカラフルな舟が、
朝日を浴びて、きれいでした。

(つづく)

テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

tag : マルタ

猫の国紀行~マルタ その5

早朝から活動すれば、
マルタのネコたちに会えることがわかったので、、
次の日も早起きしました。

前日、ネコの追いかけて写真を撮っていると、
地元の親切な方が、ネコが多いポイントを教えてくださいました。
目的地はもちろんその場所。

夜明けの海辺です。
Valletta_03
これではありませんが、今年の年賀状には、この時に撮った写真を使いました。

明るくなってくると、ネコたちがそわそわしだしました。
Valletta_04
私の周りにいる数も増えてきたようです。

おじさんが一人階段を降りてきました。
Valletta_10
ネコたちがいっせいに走り寄っていきます。
朝ごはんの時間だったようですね。
(おじさんのアップはこちら

Valletta_27
ここはおじさんの漁師小屋。
お願いして、お部屋の中まで撮らせていただきました。

ネコちゃんたちのごはんはカリカリ。
生のお魚ではないのか~。

Valletta_16
ごはんはたっぷりあるのに、ケンカを始める2匹。

日が高くなってくると、ネコたちは日陰を求めて移動します。
Valletta_07
ボートの下は涼しいのでしょうか。

Valletta_08
写真を撮っていたら、サービスで出てきてくれた茶トラくん。

Valletta_09
かわいい白黒ちゃんもモデルになってくれました。

這いつくばってボートの下を覗く奇妙な旅行者にも
マルタの人とネコは親切でした。

(つづく)

* * * * *

本日、ギャラリーアルテスパーツィオでの
「八二一ペット写真教室展」が終了しました。

見に来てくださった方々、
本当にありがとうございました。

テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

tag : マルタ

猫の国紀行~マルタ その4

9月のマルタはとても暑い。
昼間の観光ついででは、ネコとの遭遇率がかなり低いことがわかったので、方針を変更。
日が昇る前からカメラを持って行動開始です。

目的地は首都ヴァレッタ(Valletta)。
私が滞在しているスリーマ(Sliema)は、湾をはさんで対岸に位置します。


大きな地図で見る

マルタ島は小さいので、隣の市といっても車ですぐです。
レンタカーでなくても、バスなら早朝から運行していて、所要時間20分程度。
朝早い便はありませんが、ヴァレッタ・スリーマ間には定期船や水上タクシーもあります。


さて、まだ薄暗い街を歩いていると、
ネコの姿を見つけました。
Valletta_25

古い石造りの街並みを見下ろすネコ。
Valletta_12
(この写真は以前ブログに載せたものです。)

早朝はやはり涼しく、なかなか良いペースでネコに出会います。

歩き回っているうちに、夜が明けてきました。
Valletta_11
(この写真は以前ブログに載せたものです。)

朝のあいさつをかわす公園のネコたち。
Valletta_06
よく似ているので兄弟かもしれません。

Valletta_26
そして、ネコちゃんたちにあいさつをするネコ好きおじさん。
(このおじさんのアップの写真はこちら

そして、カフェも開店準備です。
Valletta_19
ここのマスターは、公園のネコたちのめんどうをみているそうです。

だんだん日が高くなってくると、パラソルの陰に入ってお昼寝。
Valletta_20

そういえば、何も食べずに出かけたことを思い出し、カフェで注文。
Valletta_21
かわいい子がテーブルに来てくれて、幸せな朝ごはんでした。

(つづく)

テーマ : 猫の写真
ジャンル : 写真

tag : マルタ

プロフィール

通勤ネコ

Author:通勤ネコ
5匹のネコ&1匹のウサギと暮らしていながら、外猫の写真ばかり撮っています。
旅好きの猫パンチマニアです(^-^)
猫パンチのポートフォリオ
猫旅等のポートフォリオ
通勤猫写真のポートフォリオ

お知らせ

■Photoback 年賀状2016■

nenga2016_neko_mainimg_tsukinneko

Photobackさん「ねこ年賀状」のブログ記事に載せていただきました(^-^)


■写真展のお知らせ■

  20151201234022fc9

「グルッグのクリスマス2015」
glögg(グルッグ)
(大阪 心斎橋)
2015/12/5~12/23(火曜休 2/22営業)
11:30~19:30(最終日16:00まで)


■猫の里親会のお知らせ■

osakanekonet

「NPO法人 おおさかねこネット」さんでは猫の里親会を毎月開催しています。
詳細は上のバナーをクリックしてください。
次回は1月10日(日)です!


■2016年カレンダーのお知らせ■

ca1024

窓月書房さん出版の猫カレンダーです。
ca-machi2016

売上の一部はのら猫不妊去勢手術助成基金に寄付されます。
ご協力のほどよろしくお願いいたします!
○「待ち猫カレンダー2016 ―誰を待つのか、待ち猫」
かわいい外猫のカレンダー(A4版壁掛用 1,080円)
(表紙、3月、4月に載せていただきました)
「黒猫カレンダー2016 ベスト版」
黒猫オンリーのカレンダー(A4版壁掛用 1,080円)
(1月に載せていただきました)
「白猫カレンダー2016 ベスト版」
白猫オンリーのカレンダー(A4版壁掛用 1,080円)
(表紙、2月、8月に載せていただきました)
「三毛猫カレンダー2016 ベスト版」
三毛猫オンリーのカレンダー(A4版壁掛用 1,080円)
「黒猫カレンダー・プロジェクト2016」
黒猫オンリーの卓上カレンダー(CDサイズ 720円)
全国の書店およびネットで購入できます。


■その他のお知らせ■

osakanekonetkikin

ご協力お願いいたします!


■その他のお知らせ2■

minamisennba

「南船場50匹猫→保護猫カフェ Neco Republic OSAKAへ」
大阪の繁華街で猫の保護活動をされていた方が急死され、残された猫ちゃん達の里親さんを募集するため、保護猫カフェになりました。
どうぞよろしくお願いいたします!


■書籍のお知らせ■

neko_hyoushi

「猫のかわいい撮り方手帖 ~うちのコを世界一かわいく撮る~」 石原さくら、金森玲奈、中山祥代 著
(マイナビ 2013/6/25発売 1,313円)
私の写真とブログについて載せていただきました。
見ていただけたら、とてもうれしいです!


9784777812929

「迷ったとき、悩んだときの ニャンダフル! 100名言」
ネコまる編集部 編
(辰巳出版 2014/3/20出版 1,296円)
うちのコマちゃんの写真他、載せていただきました。


kotowaza100

「ニャンダフル! ことわざ100選」
ネコまる編集部 編
(辰巳出版 2014/11/20出版 1,296円)
うちのコマちゃんの写真他、載せていただきました。


nyandaful_100meisaku

「ニャンダフル! 日本の名作100選」
ネコまる編集部 編
(辰巳出版 2015/10/6出版 1,296円)
投稿猫写真を掲載していただきました。

nekomaru_4koma

「爆笑!ネコまる4コマ」
(辰巳出版 2015/1/26出版 540円)
投稿猫写真を掲載していただきました。


nekomaru_31

「ネコまる冬春号 vol.31」
(辰巳出版 2015/11/20出版 842円)
投稿猫写真を掲載していただきました。


nekomaru_shumekuri2016

「2016カレンダー ネコまる週めくり」
(辰巳出版 2015/10/8出版 1,080円)
投稿猫写真を掲載していただきました。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。